これから調べよう!東京都民銀行

東京都民銀行の定期預金と他行比較

東京都民銀行の定期預金は、店舗で契約することもできますし、インターネット支店「ハローアクセス支店」で取り扱っているダイレクト定期預金「ハロー輝き」を活用することもできます。

ハローアクセス支店の定期預金金利は、平成26年2月3日現在で、300万円以上1,000万円未満のお金を1年間預けた場合、その金利は年利0.030%となっています。ちなみに、店舗経由で全く同じ条件で定期預金を預けた場合、その時の金利は年利0.030%となっていて、実は金利が全く変わらないのです。

ただ、インターネット支店を使えば、定期預金関係の手続きをインターネットで24時間、それも店舗休業日である土・日・祝日でも確認したり手続きを行えるようになっています。また、インターネット支店なら、窓口やATM経由で手続きした時よりも振り込み手数料が安くなりますから、それなりのメリットがあると思います。

ちなみに、他行の定期預金(貯蓄預金を除く)の金利を比較してみると、最も金利が高い銀行は、インターネット専業銀行であるじぶん銀行です。じぶん銀行で300万円以上1,000万円未満のお金を1年間預けた場合の金利は、なんと年利0.400%です。ただし、開設月の翌々月までの金利となります。翌々月以降の金利も0.250%になっていますので、かなりお得な定期預金です。

他行と比べても、東京都民銀行の金利ではなかなか太刀打ちできない部分がありますが、インターネット支店の金利など、見直してくれればより利用者が増えると思います。